先生

下肢静脈瘤は女性の敵|病院で治療すれば完治する

保険適用も可能な肥満治療

病院

合併症ありなら保険適用も

若い頃はスリムな体型だった人も、年齢とともに余分な肉がついてくるのが普通です。お腹周りを中心に皮下脂肪が厚くなり、いつの間にか標準体重を上回ってしまいます。体質によっては若いうちから肥満体型という人も少なくありません。そうした肥満はさまざまな生活習慣病の原因となることから、積極的な肥満治療に取り組む医療機関が増えています。肥満を一種の病気と見なして外来治療を実施しているのです。そんな肥満外来が特に東京都内に数多くあります。全国的に見ても東京には肥満外来が高密度で分布していることから、仕事帰りにも気軽に利用する人が増えているのです。肥満治療には大きく分けて保険適用となる治療と、保険適用外の自由治療の2種類があります。保険適用となるのは肥満度を表すBMI値(体格指数)が3.5以上の人か、または肥満が原因で合併症や健康被害を伴う人です。クリニックによっても異なりますが、単なるダイエット目的のケースでは自由治療となる可能性が高くなります。肥満外来はもともと健康を改善させる目的で治療を行っていますが、美容目的での利用ももちろん可能です。目的と予算に合わせて上手に利用するといいでしょう。

肥満治療で生活習慣病予防

肥満外来ではそれぞれのクリニックごとにユニークな治療が行われています。生活指導・薬物療法・外科療法という3本の柱が肥満治療の基本です。このうち生活指導はカウンセリングの形で行われることが多く、食事療法や運動療法が奨励されます。人気のクリニックでは無理な食事制限を課すことなく、メニューの工夫を通じたダイエットを目指しています。カウンセリングが重視される点もこうした肥満治療の大きな特徴です。肥満外来が多く集まる東京では、治療法という点でも他地域と比べて一歩進んでいるのです。東京は全国でも最も先進的な肥満治療が行われている地域とも言えます。カウンセリング中心の治療では解消できない重度の肥満に対しては、外科療法を得意とするクリニックが実力を発揮します。胃バイパス手術や脂肪吸引・脂肪溶解注射などの外科的治療では、施術する医師に高い技術も要求されるのです。こうした治療を通して肥満を解消できれば、さまざまな生活習慣病リスクも軽減されます。肥満に長年悩まされてきた人でも、肥満外来受診をきっかけに心身の健康を取り戻しています。肥満外来クリニックは肥満に悩む東京都民の健康をサポートしているのです。