先生

下肢静脈瘤は女性の敵|病院で治療すれば完治する

腎臓治療と病院

医師

新しい液剤があります

これまでの透析治療では、使用する液剤によって様々な悪影響がもたらされることがありました。例えば透析液に含まれている酢酸の作用によって血管が広がり、血圧が下がることなどが問題の一例です。この場合心臓の機能も少なからず影響されるため、透析後はだるさや食欲不振などを訴える方が多かったと言えます。世田谷区の病院で行われている現在の透析治療では、問題の酢酸を除去した透析液が使用可能です。従って、体の負担を抑えて透析が受けられます。この手の液剤は、世田谷区以外の他の病院でも使用されている状況です。長期に渡る透析治療は、副作用が少ないことが重要となります。新しい液剤の登場で、現在では世田谷区の病院のように治療のスタイルを選ぶことが可能です。

適用を医師が判断します

透析治療を受ける方の場合、液剤のカルシウムの濃度に気を配ることが必要です。酢酸を含まない透析液は、カルシウム濃度が調整しにくいというデメリットがあります。従って、最小のカルシウム濃度が望ましい方には不向きです。世田谷区にある病院では、このような点を踏まえながら適用を考えます。本人の希望をくみながら、ベストな方法を提案するのが大きな特徴です。この病院では、メリットが大きい長時間透析も行います。このスタイルをとると体液の交換が存分に出来ることから、予後にもプラスです。食事制限も楽に行えるようになりますので、生活面でも負担が軽減されます。在宅スタイルにも応じており、自分に適した方法で治療が進められる病院です。