ドクター

下肢静脈瘤は女性の敵|病院で治療すれば完治する

腎臓治療と病院

医師

酢酸を含む透析液は、血管や心臓に影響を与えることが問題です。現在では、世田谷区の病院をはじめ各施設で酢酸不使用の液剤が使われています。透析液は、カルシウム濃度なども一つの問題です。世田谷区の病院ではこういった点も考慮し、幅広い選択肢の中から適した治療を提案します。

Read

難治性がんに高い効果

看護師

がん細胞を効率よく退治

手術できないほど進行してしまったがんの治療には、がん細胞の増殖を抑えるために抗がん剤が使われています。化学的に合成された薬ががん細胞を攻撃することで増殖を防ぐ仕組みです。盛んに分裂を繰り返すというがん細胞の特徴を利用して、そのような細胞を攻撃するような薬が開発されました。しかしながら活発に分裂を繰り返す細胞はがん細胞ばかりに限りません。正常な細胞の中も同じ性質を持つものがあります。抗がん剤はそうした正常細胞も区別なく攻撃することから、さまざまな副作用が発生するのです。そうした問題を解決する方法として、免疫療法に大きな期待が集まっています。自分自身の免疫力を強化してがん細胞を攻撃させる治療法のため、免疫療法は全般に抗がん剤より副作用が少なく済みます。中でも樹状細胞療法は、高い精度でがん細胞だけを狙い撃ちできる注目の治療法です。樹状細胞も免疫細胞の一種ですが、数が少ないために以前はあまり重視されていませんでした。近年になってこの樹状細胞が多数の免疫細胞に指令を出していることが判明し、その能力を生かした治療法が実用化したのです。樹状細胞療法を受けられる病院の人気も高まっています。

手術不能でも寛解例

樹状細胞療法ではまず患者さんの血液を採取し、中から樹状細胞を取り出して培養します。単に数を増やすのではなく、がん抗原を加えるのが樹状細胞療法の大きな特徴です。がん抗原ペプチドと呼ばれるがん細胞の目印を作るには2つの方法があります。1つは手術で摘出したがん細胞から抗原を取り出す方法です。患者さん自身のがん細胞を使うことで、樹状細胞はがん細胞の特徴を他の免疫細胞にも詳しく教えることができます。この方法が最も望ましいのですが、手術ができないほど進行したがんでは使えません。がん抗原を作るもう1つの方法は、人工的に合成したペプチドを樹状細胞に仕込むやり方です。がん細胞に共通した抗原ペプチドの合成に成功しており、これを仕込んだ樹状細胞ワクチンがすでに実用化されています。臨床実験では手術不能と診断された膵臓がん患者の3分の1で、寛解またはがんの進行停止が認められました。抗がん剤と同等以上の成果を、副作用の少ない樹状細胞療法が出しているのです。樹状細胞療法は膵臓がんや胆道がんなど難治性のがん治療に光を当てる存在です。実績を積み重ねていけば、樹状細胞療法が標準治療として認められる日も来ると予測されます。

女性の敵

下肢静脈瘤(カシジョウミャクリュウ)は足の血管がこぶのように膨れ上がり、強い痛みを引き起こす病気とされています。痛み以外にも足が重く感じたり、パンパンになったりすることもあるので、そういった症状が続くようなら下肢静脈瘤の疑いがあるので、速やかに病院で治療を受けるといいでしょう。また、湿疹や皮膚が破れるといった症状がある場合には、重症になってしまう可能性が高くなります。この病気は40歳以上の女性によくみられる症状で、年間1000万人もの方が病気になるといわれているので、油断せず症状が現れたらすぐに治療をするといいでしょう。

保険適用も可能な肥満治療

病院

肥満はさまざまな生活習慣病の原因となるため、近年では肥満そのものを積極的に治療する肥満外来が増えています。特に東京都内では肥満外来が多く、クリニックごとにユニークな治療が行われています。カウンセリングが重要な役割を果たしている点も肥満治療の特徴です。肥満外来は肥満に悩む東京都民をサポートしています。

Read

1日の約3分の1は睡眠

カウンセリング

睡眠時無呼吸症候群とは、寝ている間に呼吸をしていな状態のことを指します。本来の睡眠が出来ていないため、日中活動に様々な支障をきたします。睡眠時無呼吸症候群の治すうえで大事なのは、自分の睡眠状態をきちんと知っておくことです。

Read